「ほっ」と。キャンペーン


港区で京料理とイタリア料理の教室を主宰しています。 *当ブログの写真等の無断転載は何卒ご遠慮下さいませ。

by madame Lee

サイトはこちら

カテゴリ:イタリア料理研修( 15 )

ミラノ滞在記…最終日⑥

ボエームの初日公演
ミラノ最終日が丁度初日にあたり日本からチケット手配してお一人様でスカラ座へ

ちょっぴりエスコートがないのが寂しいところですが、お隣の女性がテノールのグリゴーロの大ファンの方ですこしお話しました。
ヴィックトーリオグリゴーロとマリアアグレスタ
ヴィクトーリの登場では会場は大歓声に包まれて圧倒的な人気でした。

ボエームの最後の場面は少し寂しい思い出がよぎり胸が苦しくなりましたが、偶然が重なってこの場所へこれたことへ感謝ばかりです。次回はフルレングスのドレスで息子にエスコートさせて訪れたいと思います。

e0326573_13531077.jpg

続々と正装されたseñor señoritaが大集合!
e0326573_13531072.jpg


e0326573_13531093.jpg

e0326573_13531171.jpg

1階平土間の真ん中辺りのお席で大変迫力ありました。


主役のお二人
e0326573_13531173.jpg


今朝、無事に羽田到着しております。
e0326573_13531190.jpg


短期間の滞在記にお付き合い下さいまして有難うございます。
マダムリー料理サロン いまじゅくりえ


by madame_lee | 2015-08-21 13:53 | イタリア料理研修 | Comments(0)

ミラノ滞在記…⑤

念願のジュリオさんのイタリア料理のLessonを今回受けることが出来ました。
シェフのプライベートLesson!なんとも贅沢なひと時です。目の前でご家庭のキッチンで料理を習う。今回も余すところ無く習得して参りました。

Menu di Giulio expo 2015
かぼちゃの花のフリット
タルタルステーキ
カヴァテッリのソレント風
トマトソース
マチュドニア

e0326573_15201373.jpg

e0326573_15201393.jpg

e0326573_18055824.jpg


e0326573_15201336.jpg

e0326573_15201355.jpg

e0326573_15201484.jpg


手打ちパスタのグルテンの出し方
トマトソースの煮詰め方などかなり今までとはまた違った見方があり、お味もレストランに近くなるポイントなどございました。
フリットの衣もサクサクふわふわの美味しさ
アンチョビの使い方
またいつかわたくしのLessonでもお伝え出来たらと思います。
シェフ!奥様!有難うございます。

マダムリー料理サロン いまじゅくりえ
by madame_lee | 2015-08-20 15:20 | イタリア料理研修 | Comments(0)

ミラノ滞在記…④

Ayako Charlotte 様に逢いにミラノへ 尊敬するsenhoraAyakoとのミラノでランチのお約束…彼女からのmailで待ち合わせはBlugari HotelesMilanでねと。

世界主要都市から都市へ本当の意味でのジェツトセッターとしてミラノParisを拠点とされてる大好きな女性です。
彼女と語り合うためにこの地に呼ばれたんだと確信へ。
女性とは春であり太陽、花のようであるべきである。年齢という数字に囚われることなくこれからの人生歩んでいく指南書を沢山頂きました。来年はマダムリーアカデミーでぜひ素敵なお話下さいますようお約束して参りました。

自分らしく生きるためには周りの方々に感謝の気持ちや許す心が人生歩ん重ねていく上で必然と身につくためには日々どう過ごすかで豊かな人生が待ってます。
人生は自分次第、さらに素晴らしいものになります。

Ayako様次回はTokyoやParisで!
e0326573_13390038.jpg

e0326573_13390075.jpg

e0326573_13390006.jpg

e0326573_13390070.jpg


Blugari Hotels Milan
マダムリー料理サロン いまじゅくりえ
by madame_lee | 2015-08-18 13:40 | イタリア料理研修 | Comments(0)

ミラノ滞在記…③

今回の最大の目的の場所 ミラノ万博
日本からツアーを申し込みまして、最後の晩餐を鑑賞してきました。私がヨーロッパにいた頃は丁度補修中で観ることが出来ずに約20年かかり念願叶いました。
百閒は一見に如かずとはを身を以て体験致しました。予想以上に大きな壁画、爆撃を潜り抜け、その場所にあり続ける意味など息子にも見せてあげたいと思います。
そして午後から万博会場へ。
ドーモから地下鉄で30分もかからずに到着します。寂しい独り身を(笑)案じて下さり本来ガイドさんは会場までの送迎だけでしたが、万博のガイドもして下さいまして…なんとも贅沢に全て説明受けながらしっかりと見て回ることが出来ました。また素敵なご縁に繋がりイタリアでは沢山の方々にお世話になりっぱなしでいつか恩返しが出来るように頑張りたいと強く思いました。EXPOの感想などはまたゆっくりさせて頂きますね!

ラッキーなダブルレインボー
e0326573_02262150.jpg

e0326573_02262135.jpg

EATALYの20州のスターシェフ監修のフードコートは
念願のロンバルディア州のristoranteVictria
ミラノ風リゾットとフンギポルチーニ茸の生パスタ
e0326573_02262291.jpg

e0326573_02262283.jpg

人気の日本館はなんと1時間30分待ち…
e0326573_02262236.jpg


石油系のお国はとても豪華でした。
e0326573_02262207.jpg


ご覧頂き有難うございます。
マダムリー料理サロン いまじゅくりえ
by madame_lee | 2015-08-18 02:28 | イタリア料理研修 | Comments(0)

ミラノ滞在記…②

ミラノ初日はフィレンツェで運命的な出会いをしたお友達のNorikoさんと一日中ランチしてお喋りして、夢心地のひとときに家族が背中を押してくれて思いきってイタリアまで来てよかったと心から思いました。
この時期イタリアは聖母被昇天の日でどこもお休みでデパートでずっとお喋りしてました(笑)Noriko様有難う!次回はタイ料理行きましょうね。

ラ,リナシェンテの最上階で、期待以上の美味しさのlobsterのパスタ
e0326573_05353706.jpg



有名な大聖堂を真横からから眺められる特等席のBarで

e0326573_05353764.jpg


こんな感じで眺められるんです。
こちらはスイスのボーディングスクール時代に一度訪れてる思い出の場所でした。

e0326573_05353853.jpg

e0326573_05353873.jpg

お教室でも愛用中のこのビックな香辛料シリーズ…今回もお持ち帰りしたいと思います。
e0326573_05353860.jpg


e0326573_05353994.jpg


ミラノは洗練された大人の都市
次回はミラノEXPOへ
ご覧頂き有難うございます。

マダムリー料理サロン いまじゅくりえ


by madame_lee | 2015-08-17 05:35 | イタリア料理研修 | Comments(0)

ミラノ滞在記…①

サクッと⁉︎第2の故郷…ヨーロッパの地へ来ております。ミラノへはスイスの高校時代ぶりに訪れることが出来ました。
(出発前に大量の調理をして我が家の冷蔵庫の中は満杯です)
受験生の息子を置いて…旦那はんの寛大なお気持ちには本当に感謝ばかりです。
今回、お初でのAstrianairlineはなんとシェフが同乗してました🍴 まぁ機内食ですのでお味はご想像にお任せしますが、コーヒーのメニューがなんと10種類から選べて普段ゆっくり映画なんて観れない身分としては美味しいコーヒーと映画の環境がなんとも言えない贅沢です。
機内の乾燥対策はこちらのホルモードのリップが一番素晴らしいです。息子も普段から愛用させて戴いております。リンクはこちら↓
https://www.hormode.com/item/14.html

e0326573_16582209.jpg

e0326573_16582261.jpg

e0326573_16582301.jpg


無事にミラノに到着
e0326573_16582370.jpg


今日は大好きなフィレンツェのお友達とランチへ。
明日は…念願のEXPOへ行って参ります。
しばしBlogにてお付き合い下さいませ。
マダムリー料理サロン いまじゅくりえ

by madame_lee | 2015-08-15 16:58 | イタリア料理研修 | Comments(0)

*イタリア フィレンツェ・シエナのリストランテ*

*当ブログの写真等の無断転載は何卒ご遠慮下さいませ。

今回の滞在で訪れたリストランテとトラットリアです。
フィレンツェには美味しいお店があり、何処へ行くか悩ましい〜限りです。

@Buca dell'Orafo(ブーカ・デッロラフォ)
ビステッカ アラ フィオレンティーナ
カルチョーフィのフライ
ニョッキ ポロドーロ

e0326573_17373948.jpg

e0326573_1737405.jpg

e0326573_17374171.jpg

e0326573_17374489.jpg


@Obika
モッツァレラの食べ比べ
パッパルデッレ
パッケリ
ハム
e0326573_17375080.jpg

e0326573_17375240.jpg

e0326573_17375335.jpg

e0326573_17375481.jpg

e0326573_17375642.jpg


Noriko様familyとまた奇跡の一夜。@Santa Lucia
e0326573_17381934.jpg

e0326573_1738208.jpg

e0326573_17382178.jpg

e0326573_17382266.jpg

e0326573_17382342.jpg


@CAFE PAZKOVSKI
e0326573_17375756.jpg

e0326573_17375814.jpg

e0326573_1738048.jpg

e0326573_1738132.jpg

e0326573_1738282.jpg


SIENA
@LA TAVERNA di SAN GIUSEPPE
パッパルデッレ レバーラグーソース
ピチ 猪とポルチーニとのラグーソース
e0326573_1738335.jpg

e0326573_1738443.jpg

e0326573_17381011.jpg

e0326573_17381249.jpg

e0326573_17381317.jpg

e0326573_17381733.jpg

e0326573_17381870.jpg


トスカーナ料理を学び・沢山食べ・語り楽しい 美味しい春でした。

マダム リー
by madame_lee | 2014-04-05 17:37 | イタリア料理研修 | Comments(0)

*フィレンツェ 食べ歩き*

*当ブログの写真等の無断転載は何卒ご遠慮下さいませ。

ジェラートはピスタチオが一番好き❤︎
GROM
Perche no!
Gelateria Rinascimento

ティラミスとピスタチオの関係…最高❤︎
e0326573_15143763.jpg

ヨーグルトも珍しいフレーバー
e0326573_15143958.jpg

チョッコラータとピスタチオ
e0326573_15144059.jpg

ピスタチオとリモーネ
e0326573_0563259.jpg

e0326573_0563547.jpg


パニーノの美味しいお店
イ・フラテッリーニ 
I Fratellini
e0326573_15144253.jpg

e0326573_15144473.jpg

イーノ
ino
e0326573_15144725.jpg

e0326573_15144555.jpg

どちらもその場で仕上げてくれます。
メニューが多くて迷います。

カンティネッタ・ディ・ヴェラッツァーノ
CANTINETTA DEI VERRAZZANO
キャンティワイナリーの直営のリストランテと軽食のお店
釜で焼くフォカッチャが美味
e0326573_15144832.jpg

e0326573_15144957.jpg

e0326573_1615614.jpg

e0326573_161571.jpg


食と芸術とゆっくり堪能する旅となってます。

マダム リー
by madame_lee | 2014-04-01 15:14 | イタリア料理研修 | Comments(0)

*イタリア 田舎の料理教室*

*当ブログの写真等の無断転載は何卒ご遠慮下さいませ。

今回はフィアンメッタ先生のLessonと他に去年からの念願叶い、フィレンツェから電車で30分ほどの田舎のお宅で不定期で開催されてる料理教室へ。
ここでの体験は、これからの料理人生観を変える一皿に出逢いました。

粉、牛乳、お肉、野菜、チーズ、卵、全ての材料はどこから来て、だれが作っているか、ぜひ一度考えて欲しいといつもLessonでは伝えていたつもりでしたが…

詳しくはLessonで多分力説しちゃうと思いますが、その時はどうそ温かく見守り下さいまし。

地産地消・ゴミを出さない生活STYLE
生産者と消費者との関係・Coffee生産者・酪農家への支援と供給の関係。
小さなつながりから社会を変えるだけの力があるSTYLE
確かに都会に住んでると難しいこともあるが、視点や考え方次第では難しいことではないはずなんですがね。きっとこれからのそう遠くない未来において食との関わりの仕方を変えないと子供たちに全てが回って困難な時代がいつか訪れる前に、今から取り組まなければならないことを学んで、実感させられました。

ただ料理を作るだけの教室では終わりたくない思いがさらに深まる経験をこの土地で、ご縁により出来たことに改めて全てのことに感謝してます。

食材から、土地から料理は始まる。
この言葉を胸に刻んで。

田舎のお料理教室 メニュー
TORTA DI FARRO
TAGLIATELLE VERDI ALL'EMILIANA
CARCIOFI RIPIENI
PANFORTE
e0326573_14192990.jpg

e0326573_14193022.jpg

e0326573_14193112.jpg

e0326573_14193232.jpg

e0326573_14193499.jpg

e0326573_14193525.jpg

e0326573_1419351.jpg

e0326573_14193659.jpg

e0326573_14193741.jpg

e0326573_14193952.jpg


千穂様・アントロネットありがとうございました!
La casa mia
マダム リー
by madame_lee | 2014-03-31 14:19 | イタリア料理研修 | Comments(1)

*イタリア料理研修②*

*当ブログの写真等の無断転載は何卒ご遠慮下さいませ。

②日目のLesson
全て今回はリクエストさせて頂き、内容をしっかり身につけて帰ります。
カラバキア
メディチ家がフランスに伝えたと言われる、オニオングラタンスープの原型
とっても美味しくて贅沢なスープで、早速息子に作ってあげたいと何度も思うほど。オニオンの旨味・グリエールチーズのコク…最高の組合せ。
干しタラ(バカラ)のトマトソースに煮込み
日本には無いバカラですが、甘鱈でも作れると思いました。
イカ墨のリゾット
この日は特にふんわりと出来たとフィアンメッタ先生も絶賛されてました。
リコッタチーズのケーキ
やはりリコッタチーズ最高に美味しいですね。
e0326573_14293959.jpg

e0326573_14294145.jpg

e0326573_14294276.jpg

e0326573_14294456.jpg

e0326573_1429498.jpg

e0326573_14294582.jpg

e0326573_14294711.jpg

e0326573_14294826.jpg

新しい料理に出逢う
でも優しくて、そして懐かしい味のようでもあり、五感で感じるこの瞬間を大切にしたいと思ってます。
まだまだお付き合い下さいませ。

マダム リー
by madame_lee | 2014-03-29 14:29 | イタリア料理研修 | Comments(0)

カテゴリ

全体
教室日程
港区料理教室
イタリア料理クラス
京おばんざいクラス
京料理
和の基本クラス
魚料理
手作り
季節
プライベート
こだわり調味料
子供のこと
器に恋をして
PRのお仕事
ミシュラン
自分磨き
赤坂 松川
美食会
イタリア料理研修
女魯山人先生のお教室
京都茶懐石修行
精進料理クラス
京都倶楽部
マダムリーアカデミー
家庭で作る茶懐石クラス
プライベートLessonあれこれ
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

最新の記事

特製ビーフシチューLesson
at 2017-02-16 10:00
新規募集 春の京都筍で精進料..
at 2017-02-01 11:30
2017年度手前味噌仕込みク..
at 2017-01-07 08:00
謹賀新年
at 2017-01-03 17:33
マダムリーアカデミー主催フレ..
at 2016-12-19 09:00

検索